仲介と手数料は?

仲介というやりかた

とにかく急いで今の家を売らなくてはならない、という場合を除いて、普通により高く家を売りたい、という場合には、不動産業者の「仲介」による売却がより高く物件を売れるみたいです。
「仲介」というのは、まず家がどのくらいのお値段で売れるか?ということを査定してもらい、売り出しの価格を決めて、その詳細を記載した広告を不動産業者が作ったり、告知をしていくことで、家に興味を持った人が見に来るなどして、うまくいけば売却ができる、というもの。
うまく売却した場合には、不動産業者には「仲介手数料」というものを払うようになっているみたいです。
ただ不動産業者にお願いしておいて、もし売れないとなると、「仲介手数料」を払う必要はないようですので、不動産業者も「動き損」といった感じになるので、極力売る努力をするんでしょうね。
仲介の場合は、一般的には期間としては半年くらい売却するのにかかる場合もあるようですので気長に考えておくべきですね。

仲介手数料っていくら?

家を売却する場合、不動産業者に仲介してもらって、買い手をさがす、という方法の場合、うまく売れた場合には不動産業者に「仲介手数料」というものを支払うことになっているそうです。
確かに家を売ってもらったのだから、なんらか報酬を払うものだとは思っていましたけど、「仲介手数料」ってどのくらいの値段なの?っていうことがちょっと疑問に思ったんですよね。
そこで不動産を売却したときに「仲介手数料」はどのくらい支払うものなのかを調べてみたら、規定がきちんとあるもので、「売却した価格×3%+6万円と消費税分」ということなんだそうです。
ということはだいたい3000万円で売却した場合なら、100万円以上もの「仲介手数料」を支払うことになるってことなんですよね。
そう考えると「仲介手数料」っていうものもあらかじめこの位払うんだな、ということを頭に入れておかないといけませんね。
他にも諸費用について勉強しておく必要もありそうですね。

エリア入力であなたの住んでいる地域の業者と繋ぎます。

↓↓↓↓このサービスで事故物件を取り扱う業者が探せます↓↓↓↓


一括見積りで保険料が2,480万円→2,970万円に

初めより売却価格が【490万円高く売れました!】

不動産価値は不動産屋さんによって変わります!

今すぐ不動産の無料一括査定をしたい方はこちら

※「イエウール」の公式サイトへ行きます


事故物件に成ってしまった不動産を売りたい時にはどうしたら良いの?
気を付けるポイント!しなければならない手順を詳しく説明しています。

【事故物件の価格相場のお話】一般的に3割~5割安くなってしまいます!