特殊清掃

特殊清掃の仕事紹介

 

事故物件には、独特な臭いや汚れがついてしまうので、普通の清掃業者では死臭までは消すことができません。特殊清掃の仕事はどんなことをしてくれるのかを紹介しました。


事件、事故、自殺、孤独死などの特殊清掃の仕事を請け負っている専門業者があります。例えば孤独死の場合、身寄りの無いお年寄りが自己所有のアパートやマンションで亡くなったというケースがあります。

 

発見されるまでに時間がかかることから、死体が腐乱して床や壁などに体液や臭いが染み付いたりという場合もあります。ある業者さんでは、遺品整理、特殊清掃、消臭作業、合同供養、リフォームの手配、不用品の処分、リサイクルなどを一手に引き受けてくれます。

 

悪臭を取り除き、原状回復することで不動産価値が回復し、次の方が入居できるようになります。遺体の腐敗臭は、通常の清掃や芳香剤によるごまかしでは取り除くことができません。

 

空気清浄器は、室内の空気を正常に保つことはできても、壁や床に染み付いた腐敗臭を防ぐことはできません。業務用のオゾン消臭器などを使うことで塩素よりも高い殺菌力で消臭をしてもらうことが可能です。

 

また、親族では不可能な遺品整理や、不用品の処分で少しでもリサイクルなどで価値があるものが見つかれば費用が相殺される可能性もあります。

 

孤独死などでも合同葬儀を行ってもらうことで、少しでも精神的負担を減らすことができますし、故人へのともらいになることでしょう。最近は、高齢化で一人暮らしの老人が増えているため、専門業者のニーズが高まっています。

エリア入力であなたの住んでいる地域の業者と繋ぎます。

↓↓↓↓このサービスで事故物件を取り扱う業者が探せます↓↓↓↓


一括見積りで保険料が2,480万円→2,970万円に

初めより売却価格が【490万円高く売れました!】

不動産価値は不動産屋さんによって変わります!

今すぐ不動産の無料一括査定をしたい方はこちら

※「イエウール」の公式サイトへ行きます


事故物件に成ってしまった不動産を売りたい時にはどうしたら良いの?
気を付けるポイント!しなければならない手順を詳しく説明しています。

【事故物件の価格相場のお話】一般的に3割~5割安くなってしまいます!