心理的瑕疵物件

心理的瑕疵あり物件とはどういったもの?

 

実際の事故物件とはどういった事件のことを指すのか?その事件の原因について説明します。
物件を借りる時「事故物件は避けた方がいい」といったことを聞くと思います。事故物件の定義は「心理的瑕疵のある物件」ということですが、そもそも「心理的瑕疵」とはどういったことを指すのでしょうか?


「心理的瑕疵がある」という言葉はあまり聞く機会もないですし、よく分からないですね。「瑕疵」の意味としては「欠点や欠陥」、「心理的瑕疵」とはその物件に対して「心理的な欠陥や欠点」があるということなんですね。

 

ですが「心理的」の場合は感情的なことが問題となりますので、感情や考え方は人によって全然違うと思います。

 

ただ、基本的にはその物件に対してある事実を「家を借りる前に知っていたら借りなかっただろう」ということを基準として、事故物件である、心理的瑕疵がある物件であるという設定がされているようです。

 

明確な定義はないのですがこのことを基準としているんですね。

 

また物件において死亡した人がいるということが事故物件であるという印象も強いのですが、その物件の周囲の環境も事故物件に関係しているケースもあるんです。

瑕疵物件とはどういった物件を指すの?

事故物件、瑕疵物件と呼ばれる物件にはどういったものがあるのか、どのような定義があるのかを説明とします。

 

心理的瑕疵のある物件、それが事故物件と呼ばれているのですがそもそも心理的瑕疵があるってどういったことやどういった物件を指すものなのでしょうか。

 

まず、心理的瑕疵があるという物件に対して定義はありません。

 

なぜならそれは心理的要因によるものだからです。心理的なものなので人によってそれぞれ感じ方であったり考え方が違うものなのです。なのでこうであるといった定義を持つことはできません。

 

ですがある程度の基準はできます。それによって当てはまる事故物件、瑕疵物件とはどのような物件が当てはまるのでしょうか。

 

それは過去にその物件や共有部分において自殺や殺人があった、過去に事件や事故による死亡があった、ということが当てはまることかと思います。

 

みなさんも事故物件と聞いて最初に思い浮かぶのはこういった事柄ではないでしょうか。またそれだけでなく、その物件の周辺において嫌悪施設があるということも当てはまります。

 

その嫌悪施設というものは、葬儀場、火葬場、産業廃棄物処理場、宗教団体の施設、風俗店、ラブホテル、小学校、中学校が当てはまります。

 

小学校や中学校の場合は学校での騒音や生徒によるいたずらなどに対して嫌がる人も多く嫌悪施設に当てはまってしまいます。

 

それから反社会的勢力の事務所が物件の周辺にあるということも瑕疵物件に当てはまります。

瑕疵物件の定義は?

 

事故物件である、心理的瑕疵のある物件とはどういった定義があるのか、そしてその基準について説明しています。

 

住宅には事故物件というものがあるのですが、そもそも事故物件とは瑕疵のある物件、つまり瑕疵物件の呼び名として呼ばれているのです。


そんな事故物件、瑕疵物件の定義とはあるのでしょうか。

 

どういった物件を瑕疵物件や事故物件と呼んでいるのか?実はこの瑕疵物件、明確な定義はないんです。

 

というのも物件に対して瑕疵があるというのは心理的なものなんですよね。心理的瑕疵、つまりその住宅に対して住むことに抵抗がある、といいう心理的な感情から来ているものなのです。

 

そしてまた心理的な感情というのは人によっても違うことでしょう。人それぞれ考え方や感じ方は違うことかと思いますし、なので心理的であるという観点から明確な定義を設けることはできないのです。明確な定義というのはないのですが、それでも一つの基準となるものはありますよね。

 

基準として、最初からその瑕疵物件で起こった事実を知っていた場合ではその物件を借りて住むことはなかった、といった思考があてはまります。またこれについてもその思考には人それぞれの考え方などがあるかもしれませんが、一般的な思考ということで事故物件、瑕疵物件にあてはまる条件や物件があてはめられています。

 

あまり借りたくないな、住みたくないな、というのはどういった物件であるか、それが基準となっているんですね。

◆事故物件の規定が曖昧な場合も…

 

不動産の価格は、なんらかの瑕疵がない物件については、極端に安い、というものはほぼ存在しません。
ですので、周辺の同じような物件の価格相場に比べて、2割程度からそれ以上安い、という物件があった場合は、ほぼ間違いなく「事故物件」だと思ってよいようです。
ただし、自殺や殺人事件など心理的瑕疵があった物件でも、その事柄があった直後に行われる取引については、その瑕疵について告知する義務があるのですが、事柄から名義がいくつか変わってしまったら、告知しなくてもいい、と考えられている場合もあるよう。
そういったことから、かなり前の事件や自殺については、わからない場合もあるのです。
それを悪用して、相場よりかなり安く買い取ってリノベーションし、一定時期名義を別の人に変更し、その後何もなかったように、それなりの価格で売買してしまう、ということも中にはあるようです。
買う側として、こういった問題に巻き込まれないためには、念のため相場よりも安い物件だけでなく、購入を検討している物件についてしっかりと問題がないか確認することが重要です。
確認しようにも、先ほど述べたように、名義が変わっていた場合、業者が詳しく教えてくれない、という場合も考えられます。
確認の方法としては、物件の周辺に住んでいるご近所さんに、問題がなかったか聞いて回るのがおすすめです。
購入したらそこでずっと暮らす、ということになるわけですので、周辺にお住まいの人の人となりを見るうえでも、こういった方法を取っておくことはメリットになるでしょう。

エリア入力であなたの住んでいる地域の業者と繋ぎます。

↓↓↓↓このサービスで事故物件を取り扱う業者が探せます↓↓↓↓


一括見積りで保険料が2,480万円→2,970万円に

初めより売却価格が【490万円高く売れました!】

不動産価値は不動産屋さんによって変わります!

今すぐ不動産の無料一括査定をしたい方はこちら

※「イエウール」の公式サイトへ行きます


事故物件に成ってしまった不動産を売りたい時にはどうしたら良いの?
気を付けるポイント!しなければならない手順を詳しく説明しています。

【事故物件の価格相場のお話】一般的に3割~5割安くなってしまいます!