事故物件 原因

事故物件になってしまう原因はどんなものがあるの?

 

ひとくちに「事故物件」といっても、厳密な線引きは難しいですし、何が原因でそうなりうるのか、ということも、細かくきちんと理解している人は少ないのではないでしょうか。
ここではまず、「事故物件」となる「原因」がどういったことなのか、チェックしてみたいと思います。


事故物件といわれているもの

 

事件があった

 

まず一番わかりやすいところなのが「殺人事件」など「刑事事件」相当のトラブルで、その物件内で死亡した場合。
これが一番判別しやすい事例といえるでしょう。
またほかにも事故や地震や水害など、天変地異で人が亡くなった場合も、事故物件として扱われるようです。
心理的瑕疵は、その事件の大小によっても、個人差によっても感じ方が違うものの、より敏感な人にとって、情報として必要とされるものは、告知すべき、という方向のようですね。

 

自殺があった

 

事件として扱われるもののなかには、自殺ももちろん含まれます。
単独で自殺した場合、異臭などで近隣の人が異変を通報してくることで、事件化するものですが、家族と同居で自殺した場合は発見が早いため、大々的に報道に至らずに終わる場合もあるかもしれません。
とはいえ、刑事事件相当や報道に載らなかった自殺であっても、やはり第三者からは心理的瑕疵があるといえるため、いずれの場合も事故物件として扱うことが多いようです。

 

火災、失火により死亡者が出た

 

過失によるトラブルですが、放火による火災や失火によって、その物件で死亡者が出た場合も、やはり事故物件扱いとなります。
また火災が起きて、まったくケガ人などが出ていなければ、人が死んだわけではないから気にならないという方もいれば、火災が起きたことだけでも「縁起が悪い」と感じる方もいます。
そういった方にとっては、ただ火災が起きたことだけでも「心理的瑕疵」となりえるため、こういったことそのものも「告知事項」としては伝えるようです。

 

孤独死、変死

 

昨今単独世帯がさらに増える傾向であり、しかも日本全体が高齢化していることから、そういった人が孤独死したり、病死してしまうことも増えると考えられますね。
孤独死の場合、「事故物件」といえるかどうか、その状況によって微妙な部分もあるのですが、「そこで人が亡くなった」ということ自体に「心理的瑕疵」を感じる人がいるのも事実。
ですから、孤独死し、すぐ発見され、物件としては特に損傷がない場合も、事故物件とは言わないまでも、「告知事項」としては伝えられるようです。
また変死、亡くなった原因がすぐ断定できないものの、時間が経過してしまい、近隣から異臭の通報で発見されるなどした場合、事件として顕在化することから、こういったケースのほうが「事故物件」という色が濃くなる傾向かもしれません。

 

事故物件サイト「大島てる」での考え方

 

事故物件がかなり細かく、その詳細と場所まで特定してある事故物件サイト「大島てる」では、比較的些細な心理的瑕疵と言えそうなことも、載せてあるそう。
これはなぜか、というと、事故物件か否か、ということにかかわらず、物件を借りる側、買う側の主観によって、その些細なことも「心理的瑕疵」ととる場合があるからだとか。
中には、自身の物件で親族が自殺した人が、自身がただそのまま暮らしつづけているのに、大島てるにそのことが載っているのを良しとせず、削除してほしいという依頼があったこともあるそう。
しかしそういったものも、包み隠さず載せたままにするということです。
なぜなら、当人が気が変わり、物件を処分、賃貸に出す可能性があり、そのようなときに、削除していたことでうやむやになる可能性が出てくるのに配慮して、とのこと。

 

また、そこに記載されている事項が物件を検討している人にとって「些細なことだ」と取れれば、むしろ前向きに考えるきっかけにもなりえると考えているからだそうです。
確かにいずれの見解も的を得ていると感じますね。

 

まとめ 事故物件と言えないまでも「告知義務」が発生する

 

厳密な事故物件という定義にこだわるというよりも、「そこで何があったのか」「それを当人がどう捉えるか」ということが重要な気がしますね。
一定のトラブル、事件、亡くなった人が出た物件に関しては、事故物件かどうかという判断はどうであれ「告知事項アリ」となります。
それは「大島てる」での見解でわかるように、「人によっては気にするかもしれない」事柄だから。

 

それを伝えずにいたことで、トラブルになるのを避けるという意味で、きちんと知らせる必要があるんですね。

 

 

エリア入力であなたの住んでいる地域の業者と繋ぎます。

↓↓↓↓このサービスで事故物件を取り扱う業者が探せます↓↓↓↓


一括見積りで保険料が1,480万円→1,970万円に


初めより売却価格が【490万円高く売れました!】


不動産価値は不動産屋さんによって変わります!



今すぐ不動産の無料一括査定をしたい方はこちら

※「イエウール」の公式サイトへ行きます


 

事故物件のオウチどうなっちゃうの?


 ●事故物件の家の価格評価

2~3割安くなる?
一般的な物件に比べ2~3割安くなっり、状況によっては5割も変わってしまう事もあります。


事故物件の価格相場のお話

 ●事故物件を手放す

手放すにあたっての試行錯誤
思い入れのある家を手放す。少し問題がある物件を手放す際にいくつかの壁がありました。


売却経験者の【実体験】













 

事故物件になってしまう原因はどんなものがあるの?記事一覧

事故物件の基準は?判断はどうしたらいいの?

事故物件の基準は?判断はどうしたらいいの?事故物件といういい方は、一般に浸透していると思いますが、実際どこからが事故物件というものになるのか、ということはなかなか判断しにくいですね。この線引きには、何か明確なポイントや基準って存在するんでしょうか。ここではそういった基準はどういったことか、判断のポイ...

≫続きを読む

事故物件の原因紹介|事件が有った。

事故物件の原因紹介【事件があった場合】事故物件には必ず事故物件と言われるようになった原因が存在します。その原因によってはかなりその物件に対して住みたくないといった思いも強くしてしまうことでしょう。では、そんな事故物件と呼ばれるようになった原因にはどういったものがあるのでしょうか。

≫続きを読む

事故物件の原因紹介|自殺が有った。

事故物件の原因である【自殺があった場合】その物件の部屋内や共有部分において人の自殺があったという場合も事故物件であり、心理的瑕疵のある物件であるという風にとらえられることとなります。自殺にも色々な方法があるかと思うのですがどういった方法で自殺を行ったにしろその物件において自殺が起きたということは、事...

≫続きを読む

孤独死でも事故物件になる場合とならない場合がある。

孤独死と不動産物件の関係独り住まいで孤独死の場合、発見が遅れてしまうこともあります。すぐに発見されず、「異臭」によって騒ぎになってしまいあとあと大変になる場合もありますね。筆者の体験談をもとに、孤独死と不動産の関係についてみていきましょう。

≫続きを読む

病死でも事故物件になってしまうその理由

病死でも事故物件になってしまうその理由現代は「おひとりさま」が多くなり、高齢化が加速していますので、今後こういった単独世帯の人が人知れず自宅で病死する、といったことはさらに増える傾向だと考えられます。自殺したり、他人とのトラブルで貸している部屋で殺人事件が起こった、などといった場合、その物件は悲しい...

≫続きを読む

駐車場や屋外で亡くなった場合も事故物件になるの?

事故物件は、何も部屋の中だけで起こるわけではありません。駐車場や庭などの敷地内で起こった事故は、事故物件としてみなされるのか説明しました。日本国内の自殺者だけでも年間3万人、変死者においては15万人とも言われています。正直、かなり人数が多いですが、高齢化が進む昨今、孤独死も含めれば誰かが死んでいない...

≫続きを読む