一般的 不動産売却 流れ

普通は買取か仲介してもらって相手を見つける

一般的には不動産屋さんのを探して家など不動産を売りたいと提示します。
その時に仲介手数料を払って、買取主と売主(貴方)を仲介売却と言う手と、
不動産屋さんに直接買い取ってもらう、買取にわかれます。

 

そのそれぞれにメリット・デメリットが有ります

 

どちらが良い悪いというよりも、その時々その人の状況によって双方の利点が有りますからね。
それでも簡単に言うと
仲介だと
メリット
売却金額が高い

 

デメリット
何時売れるのか分からず、長期戦になることもしばしば。

 

買取だと
メリット
早期契約で現金化が早い

 

デメリット
仲介に比べ売却金額が安くなってしまう。

 

不動産を売りたいという状況は人それぞれです。
早く入りたいという人には少し安くてもそれがメリットですし、少しでも高く売りたいという人は時間がかかっても高く売りたいものです。

 

でも不動産売却で共通していることは、高額商品だから損はしたくないってことですね!

一般的な不動産売却の流れ記事一覧

何処に売って良いのか分からない時には

不動産なんて中々高額な商品ですので他人に売るなんて機会は一生の中に1回か2回あるかないかだと思います。そうなると一体何処へ話を持っていくのが正しいのか分からない物ですよね。そんな時に一番初めに思いつくのは地元でやっておりTVCMなど知名度の高い不動産会社に行ってみる。ですよね?でも不動産屋さんは一体...

≫続きを読む