不動産売却 基礎知識

不動産売却の基礎知識~「売りたい」から「売却」に必要な事

 

 

家などの不動産を買ったり、あるいは売ったりするのは、その人にとって「一生に一度あるかないか」の大きな出来事です。
中には不動産取引や賃貸業などを生業としている方もいますが、そういった方を除いては、家を売るのにそうそう知識を持ち合わせてもいないもの。
また「売りたい」と考えたきっかけや、状況によっても、その後の行動に影響が出ることもあります。


ここでは家を「売りたい」と考えはじめたときから「売却」に至るまでに知っておくべきことを考えてみました。

「売りたい理由」によって、その後の売り方も変わる

 

まず「売りたい」と考えたその「理由」もその後の「売却」に影響を及ぼす可能性があることからお伝えし、話を進めたいと思います。
なぜ「理由」が影響するのか、というと、その家を「いつまでに売りたい」のか「急いで売りたい」のか「気長にでいいから高く売りたい」のか、「理由」によって変わるからです。

 

一般的な売却の流れ

 

・相場を把握し、売却価格の目処をつける … 周辺の同等の家の価格を調べると把握できる
・価格を査定してもらい、依頼先を決める … 一括査定などを利用すると簡単で、依頼先も見つかりやすい
・媒介契約を結び、仲介を依頼する    … どの形態の媒介契約にするか、しっかり考えて決める
・不動産を売りだし、購入希望者をつのる … 売り出し価格は希望も含め、専門家の意見も仰ぐようにする
・物件情報を開示しつつ、希望者と交渉  … 告知事項などはきちんと明示する、細かいところまで開示
・合意したら、売買契約を締結      … 10%から20%程度の手付金が支払われる
・不動産の引き渡しを行う        … 代金を渡された段階で、登記申請を進めていく

 

仲介での売却には手数料がかかる

 

一般的な家などの不動産の売却の場合は、「仲介」という形をとり、不動産会社に入ってもらいつつ、進めていきます。

 

専門的な知識を駆使して、より早く高く売れるように動いてもらうことになるので、売却が成立したらその金額に応じて「仲介手数料」を支払う必要があります。

 

基本的にこの中には、売却に至るまでに使われた広告費などの諸経費も含まれるため、売り主は「仲介手数料」だけを支払えば良いことになっています。
また金額については、宅地建物取引業法によって、上限が設定されていますので、それ以上の金額を支払う必要はありません。

 

家、不動産の査定、判断

 

物件の価格は、基本その周辺の相場や、同じくらいの規模の家の売却価格などから、想定していくと言われています。

 

ただ、そうは言っても一つとして同じ条件の物件はないのですから、細かい状況によって査定価格も違ってきます。これは業者によっても差が出て来るので、一か所だけに査定をしてもらうのでは、それが適正なのかどうか分かりません。

 

特にいわくつき物件の場合、査定の仕方にも差が出ることが多いので、複数の会社に見てもらうことがより良い条件で売却するのに必要と言えそうです。

 

一般媒介、専任媒介

 

不動産会社との仲介に関する契約には、形態の違う媒介契約があります。

 

・一般媒介契約   … 複数の会社に依頼できるが、契約している会社をおのおの開示しておく必要あり
・専任媒介契約   … 一社に売却を進めてもらう契約。別の会社が成立させた場合は違約金が発生。自分で買い手をつけたら経費は契約した会社に支払う必要あり
・専属専任媒介契約 … 一社契約。自分で買い手を見つけたり別会社が成立させると違約金発生。その分その会社から細かく営業状況の報告がある

 

どのような媒介がより早く、高く売れるかは、状況によっても違いますし、よい業者かどうかの見極めもポイントになります。
またより早く売りたいのか、より高く売りたいのか、などの希望によってもどの契約がよいか違ってきますので、不動産会社の担当者と話合いつつ、決めていくとよいかもしれませんね。

 

買い取り

 

「売却」と言うと、第三者がその不動産を買いたいと申し出て来て初めて成立するイメージですが、不動産会社が自らその物件を「買い取り」してくれるというケースもあります。

 

特にいわくつき物件、事故物件の場合、第三者が購入を希望して来ないケースもその状況によっては考えられますが、事故物件のニーズをつかんでいる不動産業者もあり「すぐに売り先へ売却出来る」と分かっていれば、積極的に買い取ることもあるようです。

 

「早く手放したい!」という方は、こういった業者を見つけて相談するのが早道となるかもしれませんね。

 

早く売りたいなら、「買い取り」も有効

 

いわくつき物件は、一般の人はなかなか買いたいと考えにくいものです。
しかし中には、そういった物件の安さに魅力を感じて、探している人がいるのも事実。

 

ですので、手放したいと考えているなら、まずは査定など、その価値を把握することからはじめてみることです。

エリア入力であなたの住んでいる地域の業者と繋ぎます。

↓↓↓↓このサービスで事故物件を取り扱う業者が探せます↓↓↓↓


一括見積りで保険料が1,480万円→1,970万円に


初めより売却価格が【490万円高く売れました!】


不動産価値は不動産屋さんによって変わります!



今すぐ不動産の無料一括査定をしたい方はこちら

※「イエウール」の公式サイトへ行きます


 

事故物件のオウチどうなっちゃうの?


 ●事故物件の家の価格評価

2~3割安くなる?
一般的な物件に比べ2~3割安くなっり、状況によっては5割も変わってしまう事もあります。


事故物件の価格相場のお話

 ●事故物件を手放す

手放すにあたっての試行錯誤
思い入れのある家を手放す。少し問題がある物件を手放す際にいくつかの壁がありました。


売却経験者の【実体験】













 

不動産売却の基礎知識~「売りたい」から「売却」に必要な事記事一覧

家の仲介売却と手数料は?

家の仲介売却と手数料は?大切に住んでいたマイホーム、手放すときはできれば高額売りたい!と誰もが思います。より高く売るには不動産業者の「仲介」という方法ですが、どんなやりとりをするのか、手数料はどのくらいか?についてみていきましょう。

≫続きを読む

家の査定ってどうやって判断するの?

例えば自分が買った家なら買ったときの値段を覚えていますから、そのお値段を基準に今の家の価値を判断したくなりますが、親の家だったりするといくらで購入したか分からないですし、古い家なら減価償却されてしまっていくらにもならないのではないでしょうか。たまたまテレビで不動産の話をしている番組を見たのですが、そ...

≫続きを読む

家の買取という方法での売却

一戸建てを手放す場合、どういった形で売却することができるのか、いろいろ調べていると、すぐに不動産買取、というサイトが多数出てきました。今まで買取なんて言葉を聞くと、ブランド品だとか、バイク、自動車などはイメージがあったんですが、不動産も買い取りしてくれるんですね。売却する場合のイメージって、だいたい...

≫続きを読む

不動産売却の方法一般媒介と専任媒介

複数の不動産会社と媒介契約を結ぶことが可能で、自分自身で探した購入希望者と、直接売買契約を結ぶことが出来るのが一般媒介契約ですが、不動産会社側は業務報告義務もレインズへの登録義務もありません。この一般媒介契約の場合には、売り主は複数の不動産会社に対して媒介契約を結ぶことが出来ます。複数の不動産会社と...

≫続きを読む

家を売るときに掛かる諸経費は手数料・税金と意外と掛かります。

家を売るときに掛かる諸経費特に問題がない家を売る場合と同様「事故物件」を売却する際にも、いくつか諸経費が必要になります。ただ〇〇円で売れることになった、となっても、そのままのお金が手に入ると思っていたのに、諸経費が思った以上に出て行ってしまい、価格交渉をもう少し考えればよかったと後悔するかもしれませ...

≫続きを読む

家を売るときに掛かる税金を知ろう!

家を売るときに掛かる税金「事故物件」だけに限らずですが、一般的に家など不動産を売却するとき、気にしておきたいのが「税金」です。売却したら一時的に現金が手元に入るので、税金をいくらか持っていかれるのでは?と考えるのはまっとうな人かもしれませんね。ここでは不動産を売却したときに税金がかかる場合、かからな...

≫続きを読む