買取での売却

買取という方法での売却

一戸建てを手放す場合、どういった形で売却することができるのか、いろいろ調べていると、すぐに不動産買取、というサイトが多数出てきました。

 

今まで買取なんて言葉を聞くと、ブランド品だとか、バイク、自動車などはイメージがあったんですが、不動産も買い取りしてくれるんですね。

 

売却する場合のイメージって、だいたい「仲介」というスタイルしかないと思っていました。なぜかというと、自分が家に住んでいて、たまたま「仲介物件のチラシ」を見たことがあったからなんですよね。

 

でもこの場合、こうやってたまたまチラシを見た人が家を買いたいと思っていたら、売りに出されている家を見に来てくれるんでしょうけど、買いたいという意思がない人のところにチラシがあってもゴミ箱に捨てられてしまうだけですもんね。

買取というのは、基本的に不動産の会社そのものが、今所有している物件をそのまま買ってくれる、ということらしいです。

買取のメリットは?

一軒家を売却するなら、「仲介」というスタイルと「買取」というスタイルで売ることができるという事は分かってきたんですけど、「買取」というスタイルで売る場合のメリットって何なのか、ちょっと調べてみました。

 

基本的には不動産会社が査定をして、買取の価格を決定したら、その価格で売主が納得できればもうすぐに売ることができるってことなんですよね。

 

ということはその査定の価格にさえ納得できるなら、とにかくすぐに売るということができるってこと。

 

不動産の買取をしている会社はかなりありますから、そういった意味では買取査定をいくつも会社を回るなどして合い見積もりのようにしてみたらどうなんでしょうね?実際1軒にしか査定してもらわなかったら、その額が妥当なのかどうかよくわからないと思いませんか?

不動産って1戸として同じ物件、使用感のものはないですから、慎重にできるだけ高値で売りたいですからね。

買取のデメリットは?

一軒家などを買い取りしてもらう場合の、「デメリット」って一体どういったことがあるんでしょうか?

 

「買取」の場合は、金額に折り合いがつけばとにかくすぐに売却することができるっていうのがとっても大きいメリットだと思いますが、問題はこの買い取ってくれる査定額みたいですね。

 

噂によると、「買取」の場合の査定額というものは「仲介」してもらって売却する場合に比べて一般的には「安い」そうなんです。

 

だから「仲介」で売れる金額よりも手元に来るお金は少ないと考えておかないといけないみたいですね。「買取」ならすぐに売れるからいろんなその後の計画も立てやすいのかな、と思っていましたが、お金の総額の面ではデメリットがあると思っておかないといけないんですね。

 

それならうちの場合は、時間的にかなり急いでいる、というわけじゃないから、「仲介」にしといたほうがいいのかなぁ。
ローンとかが残っている物件を売却するなんて場合には、「買取」してもらったほうがいいでしょうけどね。

 ●不動産売却の基礎知識 関係記事

 

不動産売却の基礎知識~「売りたい」から「売却」に必要な事

 

 

事故物件のオウチどうなっちゃうの?


 ●事故物件の家の価格評価

2~3割安くなる?
一般的な物件に比べ2~3割安くなっり、状況によっては5割も変わってしまう事もあります。


事故物件の価格相場のお話

 ●事故物件を手放す

手放すにあたっての試行錯誤
思い入れのある家を手放す。少し問題がある物件を手放す際にいくつかの壁がありました。


売却経験者の【実体験】