事故物件 売主 買主 本音

 

事故物件を購入した人の本音は、やはり相場に比べて低価格で購入することが出来きたからということになります。気にならない場合には、安く購入できたことで満足している人もいます。


事故物件の売主の本音は?

 

最近は、自殺者が増えたり、一人暮らしのお年寄りが増えて変死してしまうというケースが増えています。事故物件の売主の本音は、「なんで私の所有物件で事故を起こすの?せっかくの資産価値が大幅に減ってしまう」ということがあります。例えば、マンション、アパート、一戸建てなどの資産を賃貸として運用している間に自殺や殺人などが起こった場合にはトラブルに巻き込まれてしまった被害者意識が高いです。ですから、事故物件を売却するときだって、できれば普通の物件として売りたいというのが本音です。事故物件であるという説明義務は、曖昧ですから、必ず告知する必要は無いにしても、後で事故物件だと発覚した場合には、紛争に発展するリスクがあります。物件を売却する際には、仲介業者に入ってもらうというのが大半だと思います。実際には、仲介業者が物件購入を検討している人に事故物件であるという説明をすることになります。仲介業者も、「聞かれれば答えるが、聞かれなければ事故物件であることは説明しない」という場合もあります。事故物件は、どうしても価値が低く見られて買い叩かれたり、敬遠されて買い手が決まらないことも多いです。売主の本音としては事故物件であることを隠して高値で売りたいと思っているというのがあります。だから、これから物件や土地を購入するという方は、事故物件であるかどうかは自ら問い合わせてしっかりと把握する必要があります。

事故物件の買主の本音は?

 

 

自然死などによって亡くなったわけではなく、自殺や他殺、孤独死といった無くなり方をした現場である事故物件に好んで住もうという人は基本的にはいませんよね。ですが、事故物件の場合には、地域の相場に比べればかなり低価格で購入することが出来ますし、中には事故物件でもとくに気にしないという人もいます。その事故がどのような事故なのかによっても、やはり問題視しないという買主も存在しています。例えば、バルコニーから飛び降り自殺したというような部屋を購入した買主は、亡くなった現場という訳でもないから、問題がいないというケースもあります。そのようなことよりも、自分にとっては手が出る価格で希望するような物件を購入できたことに満足している。という買主さんも決して少なくはないそうです。このような買主の場合には、安く購入できる事故物件だからこそ、購入することが出来た。という話をしてくれる人もいます。ただ、やはり事故物件でも、その事故の中身によっては、やはり購入は避けたいと考える買主もいるのが事実です。殺人事件が起こったような現場の場合には、自殺や孤独死といったような事故に比べるとやはり気持ちの面では怖いと感じる方も多くいます。お得な物件でなければ、やはり買おうと思うことはなかった。という買主さんが圧倒的に多いと言われていますよね。

事故物件のオウチどうなっちゃうの?


 ●事故物件の家の価格評価

2~3割安くなる?
一般的な物件に比べ2~3割安くなっり、状況によっては5割も変わってしまう事もあります。


事故物件の価格相場のお話

 ●事故物件を手放す

手放すにあたっての試行錯誤
思い入れのある家を手放す。少し問題がある物件を手放す際にいくつかの壁がありました。


売却経験者の【実体験】













 

エリア入力であなたの住んでいる地域の業者と繋ぎます。

↓↓↓↓このサービスで事故物件を取り扱う業者が探せます↓↓↓↓


一括見積りで保険料が1,480万円→1,970万円に

初めより売却価格が【490万円高く売れました!】

不動産価値は不動産屋さんによって変わります!

今すぐ不動産の無料一括査定をしたい方はこちら

※「イエウール」の公式サイトへ行きます


事故物件に成ってしまった不動産を売りたい時にはどうしたら良いの?
気を付けるポイント!しなければならない手順を詳しく説明しています。

【事故物件の価格相場のお話】一般的に3割~5割安くなってしまいます!


事故物件・売却経験者の【実体験】

※私の事故物件を売却する時に試行錯誤した実体験です。