大島てる

◆事故物件がチェックできる!「大島てる」

 

 

自殺や殺人事件などが起こった物件といっても、以前は周辺の噂話くらいでしか、確認することはできませんでした。
しかし昨今、こういったいわくつき物件、事故物件を簡単にチェックできるサイトが注目されています。
それが「大島てる」。


個性的なその名前は、先々代の名前を踏襲してつけたもの。
事故物件の情報サイトとして開設されたのは平成17年(2005年)~。
このサイトをチェックすれば、自殺や殺人事件、火災での死亡事故などその詳細や時期についても確認することが可能です。
一般の住宅やマンション、ビル、またホテルなど宿泊施設についても、情報が得られるようになっています。
日本全国をほぼチェックできるほか、現在では海外の一部地域についても、情報が掲載されているというから驚きですね。

 

◆自分が暮らす地域や、興味のある物件も確認できる!

 

「大島てる」での事故物件のチェックは、とても簡単。
サイトに移動すると、そこで自分がチェックしたい地域を指定すれば、周辺の詳細地図に移り、そのエリアにある事故物件の場所に「炎のアイコン」が表示されます。
そこにズームインして地図を拡大すれば、マンションや戸建てなど物件そのものの場所まで特定できるうえ、「いつ頃」「どのような事故、事件があったか」ということを知ることができるのです。
実際に自分が暮らしている地域について、チェックしてみましたが、徒歩圏内に数か所、事故物件が存在していました。
しかもここ数年ほどの間に起こっていたようで、それらについてニュースなどで認識もできていなかったので、事故物件を確認するには相当有効なサイトといえると感じました。

 

◆情報がとても早い!その理由は?

 

元々はアナログ的な方法で情報収集されていましたが、サイトが事故物件について詳しいと評判になるにつれ、外部からも情報提供が増え、全国的にたくさんの事故物件情報がここに集まるようになったようです。

 

  • 新聞などマスメディアで事件について情報を集める
  •  

  • 裁判に出向き膨張することによって、その事件詳細や住所を特定
  •  

  • 実際に現地で周辺住民に聞きこみをする
  •  

  • 自殺や、孤独死など事件性がグレーゾーンのものについては、外部からの情報提供が主体

 

実際検索してみたところ、その当日に自分が暮らしている隣接の市の、なじみのある場所の飛び降り自殺情報が寄せられていました。
比較的新しいマンションの一角で、若い女の子が自殺をした、という内容で、衝撃的なものでした。
このように、サイトを確認して、「この情報はまだ掲載されてないな」と気付いたユーザーが、情報提供を行うことによっても、より早く、細い多くの情報が集まるようになっています。

 

◆情報は無料でチェック可能!事故物件一覧も販売!

 

基本的に事故物件情報は、「大島てる」をチェックすれば、すぐさま確認することができます。
しかも無料でチェックできるため、これから家を買う、あのマンションが気になる、という場合、そこで何か事件が起こっていなかったかをすぐに確認できるので、とても便利です。
また投稿以外のサイト内での事故物件の情報の一覧も販売されているということで、これを利用している不動産業者もいるのではないでしょうか。

 

◆ユーザー投稿の情報については、要確認!

 

ほとんどの事故物件情報は、信ぴょう性の高いものですが、ユーザーによる投稿が可能なため、場合によってはその情報が正確ではなかった、ということもありうるようです。
サイト側で掲載された情報は裏付けがきちんとなされたうえで記載されていますが、ユーザー投稿の情報については、再度自分でも確認されることをおすすめします。

 

大島てる CAVEAT EMPTOR: 事故物件公示サイト

※外部サイトへ移動します

事故物件のオウチどうなっちゃうの?


 ●事故物件の家の価格評価

2~3割安くなる?
一般的な物件に比べ2~3割安くなっり、状況によっては5割も変わってしまう事もあります。


事故物件の価格相場のお話

 ●事故物件を手放す

手放すにあたっての試行錯誤
思い入れのある家を手放す。少し問題がある物件を手放す際にいくつかの壁がありました。


売却経験者の【実体験】